建物の登記の費用について、
ケースを交えてお伝えします。

ここで言う建物の登記とは、建物を新築した時に、
新築後1ヶ月以内に申請しなければならない、
建物表題登記の申請費用のことです。

もし、自分で建物表題登記の申請を行なえば、
費用はほとんどかかりませんが、
時間と労力は半端なくかかります。

逆に、土地家屋調査士に申請を依頼すれば、
費用はかかりますが、
時間と労力はほとんどかかりません。

では、建物表題登記の申請を、
土地家屋調査士に依頼した場合の費用の相場についてですが、
だいたい約8万円前後~15万円前後と幅があります。

なぜ、幅があるのかと言えば、
新築した建物の大きさや、登記の申請に必要な資料などによって、
簡単なケースや、難しいケースがあるからです。

ただ、普通の一戸建て住宅の場合には、
だいたい8万~12万円前後が相場です。

しかし、大規模な店舗などの建物の場合には、
申請書類や、建物図面の作成に手間がかかりますので、
15万円をはるかに超えるほどの費用になることもあります。

スポンサーリンク

また、新築して間もない建物の登記の費用については、
比較的安く済むことが多いです。

逆に、建物が完成してから数年、十数年経過してから、
建物表題登記を申請する場合には、
費用の価格帯の中でも、比較的高い費用がかかることが多いです。

なぜなら、新築して間もない頃であれば、
建物表題登記の申請に必要な建物の建築確認済証や、
検査済証などの書類も残っていますが、
時が経てば経つ程、それらの書類が無い、ということが多くなるからです。

さらに、建築工事を請け負った業者からもらう引渡証明書も、
時が経てば経つ程、すでに廃業していたりして、
手に入れることが難しくなります。

また、建物を新築した当時の所有者が、
亡くなってしまっているケースでは、
申請書類だけでなく、相続に必要な書類も必要になります。

その場合、通常の建物表題登記の申請書類に加えて、
亡くなった人の戸籍や除籍の謄本類、相続人の謄本類、
遺産分割協議書などの書類も必要です。

もし、新築後すぐに建物表題登記を申請していれば、
必要無かったはずの書類を作成したり、
集めたりしなければならないため、その分、費用が高くなってしまうのです。

そういったことを考えると、不動産登記法で定められている通り、
建物を新築してから1ヶ月以内に、
建物表題登記を申請した方が、結果、費用が安くなると言えます。

また、登記関係の費用については、
建物表題登記に限らず、
依頼する土地家屋調査士によっても、費用が違ってきます。

なぜなら、以前は、どの土地家屋調査士に依頼しても、
ほぼ同じ費用でした。

しかし、近年は、法改正などがあり、
土地家屋調査士自身が自由に、
費用を決めることができるようになっているからです。

そのため、同じ建物の表題登記の申請であっても、
ある土地家屋調査士なら8万円の費用なのに、
別の土地家屋調査士なら12万円かかるといったこともあるのです。

スポンサーリンク

このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

建物表題登記の費用は?

建物の登記は自分でできる?

新築した時の登記の流れ

建物新築時に必要な登記は?