工事完了引渡証明書の書式について、
記入例とともに詳しく説明します。

まず、工事完了引渡証明書の用紙は、
A4サイズの縦の普通紙で、
作成するのが一般的です。

そして、工事完了引渡証明書には、
以下の12個の事柄を、
記入しておかなければなりません。

1.「工事完了引渡証明書」というタイトル

2.建物の所在地番

3.建物の種類

4.建物の構造

5.建物の床面積

6.工事の種別

7.建築主(家屋所有者)

8.工事完了年月日(建築年月日)

9.「上記のとおり建築し、工事完了と同時に、建築主(家屋所有者)に、
引渡したることを証明します。」という文言

10.証明書の作成年月日

11.建築工事施工者の住所

12.建築工事施工者の氏名

この内、建築工事施工者が会社などの法人ではなく、
個人の場合には、
その人の住所と氏名を記入して、実印を押します。

逆に、建築工事施工者が会社などの法人の場合には、
会社の住所と名称、代表取締役の氏名を記入して、
会社の実印を押す必要があります。

スポンサーリンク


工事完了引渡証明書というのは、
工事施工業者からもらえる場合もあれば、
自分で作成して、署名と実印をもらう場合もあります。

どちらかと言えば、自分で書面を作成して、
工事施工業者に、
署名と実印をもらう流れが多いです。

では、もっとわかりやすくするために、
工事完了引渡証明書の記入例を挙げてみます。

↓↓以下、工事完了引渡証明書の記入例です。↓↓

工事完了引渡証明書

所在地番 東京都世田谷区・・・・1番地

種類 居宅

構造 木造かわら葺2階建

床面積 1階 50.00㎡ 2階 25.00㎡

工事の種別 新築

建築主 住所 東京都世田谷区・・・1番

建築主 氏名 山田○○

工事完了年月日 平成○○年○月○日

上記のとおり建築し、工事完了と同時に、建築主(家屋所有者)に、
引渡したることを証明します。

平成○○年○月○日

工事施工者 住所 東京都世田谷区・・

工事施工者 氏名 株式会社○○

代表取締役 ○○○○ 実印

↑↑以上、工事完了引渡証明書の記入例です。↑↑

以上の内容が記入されていれば、
すべて手書きで作成しても、
パソコンで作成して印刷したものでもかまいません。

ただし、工事施工者の住所と氏名の欄については、
工事施工業者に住所と氏名を書いてもらい、
実印を押してもらうことになります。

もし、パソコンで作成して印刷した場合にも、
工事施工者の住所と氏名欄については、
工事施工者に署名等をしてもらうことになります。

さらに、工事施工業者が法人で、その法人の登記が、
建物表題登記を申請する法務局と違っていれば、
工事施工業者の印鑑証明書も必要です。

逆に、工事施工業者の法人の登記が、
建物表題登記を申請する法務局と同じなら、
工事施工業者の印鑑証明書は不要です。

スポンサーリンク


このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

工事完了引渡証明書とは

工事完了引渡証明書は必要?

工事完了引渡証明書の床面積

建物引渡証明書とは

建物表題登記は自分でできる?