建物図面は、建物を新築した場合に、
建物表題登記の申請書類の1つとして、
かならず必要になる図面です。

この建物図面の作成については、
不動産登記法という法律で、
細かく定められています。

たとえば、建物図面を作成する用紙は、
B4サイズの丈夫な用紙を使用して、
0.2mm以下の細線で鮮明に作成すること。

建物図面は、原則として、
500分の1の縮尺で作成すること。

建物図面には、方位と、敷地の形状と地番、
隣地の地番を記載すること。

さらに、建物の位置を明確にするため、
敷地の境界線からの距離を、
2ヶ所以上記載することが定められています。

そして、建物表題登記を申請した時に、
法務局の担当者が、建物図面についても、
細かい図面審査(チェック)を行います。

そのため、上記のいずれか1つでも不備・不足があれば、
そのままでは、登記完了にはなりませんので、
不備・不足を直す必要があるのです。

スポンサーリンク


まず、建物図面の用紙は、不動産登記法で、
B4サイズの丈夫な用紙と決まっていますので、
A3サイズや、普通紙で作成してはいけません。

B4サイズの丈夫な用紙については、
建物図面の作成用の用紙を、
法務局に置いている所もあります。

また、図面を描く線の細さについても、
0.2mm以下の細線で鮮明に書くことと決まっていますので、
0.5mmのボールペンなどで作成してはいけません。

0.2mm以下の細線のペンを購入して作成するか、
もしくは、パソコンで建物図面を作成して、
0.2mm以下の細線で印刷する方法になります。

なお、建物図面は、同じ1枚の用紙に、
各階平面図も作成するのが一般的です。

つまり、B4サイズの丈夫な用紙1枚で、
その右半分に建物図面を作成して、
左半分に各階平面図を作成するということです。

また、建物図面は、
原則、北が上になるように作成します。

ただ、建物が大きかったり、敷地が広いと、
用紙の右半分に建物図面が、
入りきらない場合があります。

その場合には、北の方位を下にしたり、
北の方位を、左または右にして、
作成してもかまいません。

また、建物図面には、
建物の敷地の形状と地番、
隣地の地番をかならず記載する必要があります。

そして、建物が2つ以上の土地にまたがっている場合でも、
それぞれの敷地の区切りの境界線を、
原則記入すべきです。

法務局に備えている公図(切図)や、
土地の地積測量図を調べれば、地番名も境界線も、
ある程度は正確に記載することが可能です。

ただ、土地の境界線については、
建物図面の作成では、
それほど重要視されているわけではありません。

あくまで、敷地の土地のどの位置に、
建物が建っているのかを、
ある程度特定するために必要ということです。

また、建物図面には、
建物が建っている敷地の地番の他に、
隣接するすべての土地の地番も記載が必要です。

ただ、隣接する土地が市道や県道などの道路なら、
地番だけでなく、地番の下にカッコ書きで、
(市道)や(県道)と記入してもかまいません。

もし、隣地が農道(赤線)や水路(青線)であれば、
地番はありませんので、
「道」、「水」と記入することになります。

スポンサーリンク