建物の登記をする時には、
まず、どんな種類の登記を行う必要があるのかを、
正確に判断する必要があります。

具体的には、建物を新しく新築した時には、
建物表題登記(たてものひょうだいとうき)と呼ばれる登記を、
建物完成後、1ヶ月以内に法務局に申請しなければなりません。

そして、建物表題登記とは、どんな登記なのか簡単に言いますと、
どこに、どんな、誰の建物が存在しているのか、ということを、
法務局に登録する手続きと言えます。

ただ、建物表題登記というのは、最近の名称で、
一昔前は、建物表示登記(たてものひょうじとうき)と呼んでいたため、
建物表題登記=建物表示登記と理解してかまいません。

また、建物を新築した時だけでなく、
新築してから数か月~数十年経っている建物であっても、
はじめてその建物の登記をする場合には、建物表題登記の申請になります。

つまり、新築建物であっても、築30年の建物であっても、
はじめてその建物の登記を、法務局に申請する場合には、
建物表題登記を申請することになるということです。

建物表題登記を最初に申請することについては、
居住用の建物であっても、
倉庫や店舗などに利用する建物であっても同じです。

また、原則は、建物を新築してから1ヶ月以内に申請が必要な登記の為、
たとえ1ヶ月を超えていても、たとえ築30年になっていたとしても、
申請すべき登記と言えます。

スポンサーリンク

次に、すでに建物表題登記を行っている建物について、
増築工事を行った時や、附属の建物を新築した場合には、
建物表題変更登記を申請することになります。

増築工事を行った場合、建物の種類や、階数、
床面積に変更がある場合が多いので、
法務局の登録情報を、変更後の状態にする必要があるからです。

たとえば、建物の利用状況が、居宅であったものを、
店舗にした場合には、建物表題変更登記の申請によって、
建物の種類を、居宅から店舗に変更することになります。

また、建物の1階部分や2階部分を増築すれば、
建物表題変更登記の申請によって、
1階、2階の床面積を、増築後の面積に変更しなければならないのです。

ちなみに、この建物表題変更登記についても、
変更があった日から1ヶ月以内に、
法務局に申請しなければなりません。

そして、建物表題登記も、建物表題変更登記も、
建物の所有者が申請しなければならないことになっています。

もし、この申請義務を怠った者は、
10万円以下の過料という処罰を受けることになっていますが、
実際には、申請義務を怠っていても、処罰を受けた人はいないようです。

そのため、増築工事が完成してから、
1ヶ月以上経過していたとしても、
安心して、建物表題変更登記を申請した方が良いでしょう。

また、建物を取り壊した場合には、
建物滅失登記(たてものめっしつとうき)を申請しなければなりません。

この建物滅失登記についても、
申請義務は、その建物所有者にありますので、
取り壊されてから1ヶ月以内に、法務局に申請すべきです。

もし、登記されている建物を取り壊してから、
同じ場所に建物を新築した場合には、
まず、建物滅失登記をしてから、建物表題登記の申請という順番になります。

スポンサーリンク

このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

建物を増築した時の登記は?

建物表題変更登記とは

建物表示登記とは

建物新築時に必要な登記は?

新築した時の登記の流れ