建物の中に、階段がある場合、
階段部分を床面積に入れるのかどうか、
判断が少し難しい面があります。

基本的に、屋内の階段は、
1階の床面積にも、
2階の床面積にも入れます。

そのため、各階平面図を作成する時には、
1階にも、2階にも、
階段部分を床面積に入れて作成することになるのです。

ただ、階段と言っても、
左右壁に囲まれている階段もあれば、
片方は壁が無くて手すりのある階段もあります。

また、片方には壁があり、
もう片方は、1階と2階の途中まで、
手すりがあるというような階段もあります。

そして、いずれの階段であっても、
階段の横に吹き抜け部分が無ければ、
1階の床面積にも、2階の床面積にも入れるのです。

スポンサーリンク


ただ、階段の横に、
吹き抜け部分がある時には、
注意が必要になります。

なぜなら、階段の横に、
吹抜け部分があれば、階段部分の床面積を、
2階の床面積には入れないことがあるからです。

吹抜け部分とは、1階の床から、
2階の天井まで空間になっている部分で、
一般的には、玄関や階段の横に作られることが多いです。

この吹き抜け部分の横に階段がある場合には、
階段と吹抜け部分の間に壁があるのかどうかが、
床面積に入れるかどうかの判断の分かれ目になります。

もし、吹抜け部分と階段部分が、
1階の床から天井までの壁で仕切られていれば、
階段の床面積は、1階にも2階にも入れることになります。

階段部分が左右壁に囲まれていて、
階段室を作っている状態になるため、
階段部分を1階と2階の床面積に入れるのです。

逆に、吹抜け部分と階段との間に、
壁がなく、手すりなどが設置されている状態なら、
階段部分は2階の床面積には入れません。

ただ、吹抜け部分と階段との間に、
壁が無く、手すりが設置されている状態でも、
1階の床面積には入れることになります。

また、吹抜け部分と階段との間に、
腰のあたりまでの高さの壁しかない場合もあります。

その場合には、階段室を作っている状態ではないため、
階段部分は、1階の床面積には入れますが、
2階の床面積には入れません。

つまり、吹抜け部分の横の階段部分を、
2階の床面積に入れるには、
少なくとも壁で完全に区切られている必要があるということです。

もし、階段の横に吹抜けがあったとしても、
壁に囲まれた階段であれば、
2階の床面積にも入るからです。

なお、床面積から除外する階段の場合には、
2階の床面から1段下がる部分から、
1階の床より1段上の階段部分までの範囲になります。

その範囲を実際に測って、
2階の床面積から除外するわけです。

また、階段部分については、
吹抜けがあってもなくても、
階段部分の左右に壁があっても無くても、
1階の床面積には、入れることになります。

スポンサーリンク