建物表題登記を自分でしようとする人は、
結構多くいらっしゃいます。

なぜなら、建物の登記の中でも、
建物表題登記については、
土地家屋調査士に依頼すれば、費用が結構高いからです。

もし、普通の一戸建てでしたら、
だいたい7万円~14万前後の費用がかかってしまうため、
その費用を浮かそうと自分でチャレンジする人も多いのです。

しかし、土地家屋調査士に依頼した時の費用が高いということは、
やはり、それだけの専門性と、家屋調査などの技術力が必要となり、
他の登記に比べても、難しい部類の登記申請ということになります。

特に、建物表題登記の申請では、
建物図面と各階平面図という図面を作成して、
登記申請書と一緒に、法務局に提出する必要があります。

これらの図面1つ取ってみても、簡単にできるわけではなく、
非常に専門的で、家屋調査の技術と、
図面を作成する道具なども必要なのです。

まず、建物図面については、家屋全体の寸法と形を正確に測り、
決められた用紙に、決められた縮尺で、決められたぺんの太さで、
定規を使って正確に作成する必要があります。

そして、その家屋が建っている敷地全体の形の記入も必要で、
敷地の外周からその建物までのキョリを、
3ヶ所以上記入しなければなりません。

また、その建物が建っている敷地のすべての地番の記入と、
その建物の敷地の周囲の土地のすべての地番の記入も必要で、
方位記号も記入が必要です。

以上のように、建物図面1つ見ても、
建物表題登記の申請を自分でするには、
非常に専門的な家屋調査の技術が必要なことがわかると思います。

スポンサーリンク


次に、建物表題登記の申請に必要な各階平面図については、
その家屋自体の外周の寸法を正確に測量する必要があります。

ただ、木造と鉄骨造り、コンクリート造りでは、
それぞれ柱(又は壁)の中心での測り方に違いがありますので、
それぞれの構造で決められている測り方をしなければなりません。

つまり、どんな家屋でも、外周を単純に測れば良いという訳ではなく、
基本的には、木造と鉄骨造りの家屋の場合は、
柱の中心から、柱の中心までの寸法を測ります。

そして、コンクリート造りの家屋の場合は、
壁の中心から壁の中心までを測ります。

ただ、例外も細かく決められていますので、
それに従った寸法の測り方が必要になってきます。

ちなみに、コンクリート造りの建物であれば、基本的に、
壁の中心から、壁の中心までのキョリを測るのですが、
中心の位置を出すには、壁厚なども調べる必要があるのです。

そして、上記の寸法を実際に測った後で、
今度は、決められた用紙に、決められた様式で、
各階平面図を作成する流れになります。

以上のように、各階平面図だけでも、
たくさんの細かい決まりごとがあり、
1つでもおかしい所があれば、補正(手直し)の対象になります。

ただ、建物図面と、各階平面図について正確に作成できれば、
残りは、登記申請書や所有権証明書などの書類ですので、
一般の人でも、何とかできるかもしれないレベルの登記です。

しかし、建物表題登記を自分でする時間と労力と、
土地家屋調査士に依頼した場合の費用を比べてみれば、
どちらが良いのかは、個人個人で判断が違ってきます。

もし、時間と労力をかけたくなければ、
土地家屋調査士に依頼した方が簡単に済ますことができます。

逆に、時間も労力もかけて良い状況の人であれば、
いろいろと細かく調べて書類を作成したり、
正確に図面を作成することができれば、
建物表題登記の申請を自分ですることも可能です。

スポンサーリンク