建物を新築、または、増築した時に、
建物の登記を申請しようとする場合、出窓部分を、
床面積に入れるか入れないかの問題があります。

出窓部分は、出窓の下が、その階の床と同じ高さの位置にあり、
出窓の高さが1,5m以上あれば、
出窓部分も床面積に入れます。

逆に、出窓がその階の床よりも高い位置に設置されていたり、
出窓の高さ自体が、1.5m未満であれば、
その出窓部分は、床面積には入れません。

なお、出窓の真下に、物入れ(収納部分)があり、
物入れの床が、その階の床と同じ高さの場合もあります。

その場合、その物入れ(収納部分)と出窓の高さの合計が、
1.5m以上あれば、
出窓部分は、その階の床面積に入れることになります。

また、出窓の真上に物入れ(収納部分)があり、
出窓の床が、その階の床と同じ高さの場合もあります。

その場合も同じく、
物入れと出窓部分の高さの合計が1.5m以上あれば、
出窓部分は、その階の床面積に入れなければなりません。

以上のように、建物の登記を申請する場合、
出窓がある時には、1.5m以上の高さの有無と、
出窓の床面が、その階の床面と同じかどうかが判断基準になります。

スポンサーリンク

また、建物の中で、
1階の床から2階の天井までが、
空間になっている部分が作られていることがあります。

この部分は、一般的に、吹抜けと呼ばれる部分ですが、
建物の登記を申請する上で、この吹き抜け部分を、
2階の床面積に入れるか入れないかの判断が必要になります。

基本的に、吹抜け部分は、
1階の床面積には入れますが、
2階の床面積には入れません。

なお、吹抜けでよくあるのが、
階段部分のすぐ横にある吹抜けです。

もし、その階段部分が、壁で囲まれていなくて、
手すりの場合には、吹抜け部分と階段部分は、
どちらも2階の床面積には入れないということになります。

逆に、階段部分が、壁で囲まれていれば、
階段部分については、2階の床面積に入れますので、
その横の吹き抜け部分だけ、2階の床面積に入れないことになります。

ちなみに、吹抜け部分が、2階の天井までではなく、
3階の天井までの場合も同じで、
吹抜け部分は、2階の床面積にも、3階の床面積にも入れません。

また、建物の外で、
1階に多く見られるピロティと呼ばれる吹抜け部分があります。

ピロティとは、四隅の柱だけで2階部分を支えている1階部分のことで、
壁などが無い、屋外の吹抜け部分のことです。

ピロティは、壁が無く、柱だけのため、
車や自転車の駐車場などに利用されることが多いです。

そして、このピロティ部分については、壁がありませんので、
建物の登記を申請する上で、
1階の床面積には入れません。

ただ、ピロティ部分(柱だけの部分)で支えられている2階については、
天井、床、壁のある構造であれば、
2階の床面積には入れることになります。

スポンサーリンク