屋外階段とは、
建物の外に設置されている階段のことです。

逆に屋内階段は、
建物の中に設置された階段のことです。

建物表題登記を申請する時には、
屋外の階段を床面積に入れるのかどうか、
という問題があります。

建物の登記申請では、
屋外階段については、
基本的に床面積には入れません。

では、屋外の階段であれば、
どんな階段であっても床面積に入れないかと言えば、
そうではありません。

床面積に入れる条件を満たしていれば、
屋外階段であっても、
床面積に入れることがあります。

たとえば、屋外階段に天井があり、
階段の周囲がほとんど壁に囲まれていれば、
床面積に入れることもあるのです。

建物の登記で床面積に入れるかどうかは、
基本的に、天井と床があり、
3方以上の周囲が壁で囲まれていることが条件にあります。

つまり、「外気分断性」のある部分については、
床面積に入れるというのが、
基本的な考え方としてあるわけです。

そのため、屋外階段と言えども、
この「外気分断性」を満たしていれば、
登記申請時の床面積に入れなければならないということです。

スポンサーリンク

ただ、建物表題登記を申請する時に、
床面積に入れるのかどうか、
判断が難しい屋外階段があります。

たとえば、屋外階段に屋根、
または、上階の天井があり、
手すりが階段の周囲に設置されている場合です。

その場合、手すりの上端から、
屋根、または、上階の天井の下端までの高さが、
1.1m以上あるのかどうかによる基準があります。

また、屋外階段に屋根、または、上階の天井があり、
腰辺りの高さの壁が、
階段周囲に設置されている場合もあります。

その場合も、腰辺りの高さの壁の上端から、
屋根、または、上階の天井の下端までの高さが、
1.1m以上あるのかどうかの判断が必要です。

ちなみに、1.1m以上あるのかどうかの判断は、
階段の踊り場部分だけでなく、
階段の傾斜部分(昇ったり降りたりする部分)も含まれます。

もし、1.1m以上あれば、
「外気分断性」は無いと言えますので、
その屋外階段部分は、床面積に入れないと判断できます。

逆に、1.1m以下であれば、
床面積に入れる場合もあります。

もし、1.1m以下であれば、
その屋外階段が、境界線より50cm以上離れているかどうかも、
判断が必要になります。

そして、境界線より50cm以上離れていれば、
「外気分断性」は無いと言えます。

また、その屋外階段に対面して、
建築物があるのかどうかや、他の屋外階段があるのかどうかも、
判断の1つに入れる必要があります。

もし、建築物がある場合には、
その屋外階段から1m以上離れていれば、
「外気分断性」は無いと言えます。

もし、他の屋外階段がある場合には、
その屋外階段との距離が、2m以上離れていれば、
「外気分断性」は無いと言えます。

そして、最終的に、
「外気分断性」のない屋外階段部分については、
床面積に入れないということになるのです。

ただ、判断の難しい屋外階段がある場合には、
自己判断ではなく、屋外階段の写真を撮って、
法務局と事前に打ち合わせしておくのがベストです。

なぜなら、床面積に入れるのかどうかは、
最終的に法務局の登記官が、
屋外階段の状況を見て、決定することだからです。

逆に言えば、登記官が床面積に入れないと判断すれば、
その部分を床面積から除いた各階平面図を作成して、
床面積を計算しなければならないということになります。

スポンサーリンク