ロフトとは、天井を普通よりも高くして、
天井のすぐ下にもう一部屋作られた部分のことです。

では、建物を新築した場合や、増築した場合の登記申請では、
このロフト部分の床面積をどう扱えばよいのか?
について解説します。

まず、建物を新築した場合には、
その建物の構造(例:木造かわら葺き2階建)と、
各階の床面積を、建物表題登記の申請書に記載しなければなりません。

そのため、新築した建物内に、ロフトがあれば、
ロフト部分については、階数として入れるのか入れないのか、
そして、床面積に入れるのか入れないのか、といったことが問題になります。

この時の判断としては、ロフト部分の床から天井まで、
1.5m以上の高さがあるのかないのか、
といったことが重要な判断基準になっています。

具体的には、ロフト部分の床から天井までの高さが1.5m以上あれば、
階数に加えて、床面積の記載も必要です。

もし、建物が木造かわら葺き2階建てで、一番上の天井下に、
床から天井までの高さ1.5m以上のロフトがあれば、
登記上、その建物の構造は、木造かわら葺き3階建てとなります。

そして、建物の表題登記に必要な各階平面図や、
建物図面には、ロフト部分の床面積の計算や、
形状も記載しなければなりません。

スポンサーリンク

逆に、ロフト部分の床から天井までの高さが1.5m未満であれば、
階数にも入れませんし、
床面積も記載する必要がありません。

ただ、ロフト部分の床から天井までの高さが、
部分的に1.5m未満であったとしても、
全体的に見て、1.5m以上の高さがあれば、
階数に加えて、床面積の記載も必要になります。

たとえば、ロフト部分の天井が、斜めに傾いていて、
一番高い所では、1.5mあるけれども、
一番低い所では、1.5m未満といった場合もあります。

もしくは、ロフト部分の天井を横から見れば、
三角形の形をした天井になっていて、真ん中あたりは1.5m以上の高さで、
両端のあたりは、1.5m未満といった場合もあります。

いずれの場合であっても、全体的に1.5mの高さがあれば、
1.5mの高さが無い部分についても、
床面積に入れることに注意が必要です。

つまり、床から天井までの高さが1.5m以上ある部分だけを、
床面積に入れるというわけではなく、1.5m未満のロフト部分も、
その階の床面積に入れるということです。

ちなみに、屋根裏収納という部分もありますが、
屋根と一番上の天井の間にあるのが、屋根裏収納部分で、
天井よりも下にある部分がロフトという違いがあります。

さらに、屋根裏収納の場合、普通は収納式の階段によって、
その部屋に行ける構造になっていて、
常時、固定された階段によって行けるロフトとは違いがあります。

また、屋根裏収納部分についても、
床から屋根までの高さが、1.5m未満であれば、
登記上、階数にも入れませんし、床面積にも入れません。

つまり、新築時や増築時に、ロフトや屋根裏収納があっても、
その部分の床から天井まで高さが、すべて1.5m未満であれば、
階数や床面積は、その部分については無視して良い、ということです。

スポンサーリンク